エスティマ値引きのポイントとは

エスティマ値引き情報

エスティマの値引き額は、その時その時で変わってきます。最初に今現在の値引き額の確認を行いましょう。

 

エスティマ車体値引き限界額 エスティマオプション値引き率
20万円 10%~15%

 

合計限界値引き額→25万円

 

エスティマはマイナーチェンジ後となるため値引きはやや渋く、せいぜい20万円割引できれば御の字という状態です。うっかりするとトータルでマイナスなんてこともあるので、しっかりと下準備をしておきましょう。ここでは、限界までコストカットする「3つのポイント」を紹介しますのでぜひご一読ください。

 

ポイント1:エスティマ値引きの下準備をする


エスティマを買う際、現在乗っている愛車はどうするつもりですか? 大半の人が、「ディーラーへの下取り」を選択しようと思っているはずです。そして、愛車の買取相場については調べず、「ディーラーがしっかり査定してくれるはず」と思っているでしょう。

 

しかし、愛車の買取価格の相場を調べないままでディーラーに行くのは命取りです。営業マンは、そういうお客さんのことを「カモ」と思っていますし、ちょっと一声かけるだけで簡単に契約する「チョロい」客だと思っています。

 

どういうことか解説します。

 

 

もうエスティマは値引きできません…。ですが、下取り価格を20万円増額して、50万円で買取ることができますよ!


 

「下取りなんて、どうせ安いでしょ」と思っていたところに、こんな風に言われると、喜んで契約してしまうかもしれません。ですが、家に帰ってから、なんとなく愛車の買取相場を調べてみると…

 

 

このままでは50万円の大損になります。しかし、もう遅いのです。

 

下取りアリで契約すると、下取りナシへの変更は契約破棄となってしまうのです。

 

わずらわしい手続きによって変更できる場合もありますが、最悪の場合は賠償請求となってしまうこともあります。

 

このように、愛車の買取相場を調べないでディーラー下取りを行うのは無謀です。愛車を買い叩かれてしまうばかりでなく、エスティマ値引きの土俵に上がることもできないのです。

 

逆に、きちんと愛車の買取相場を知らべておけば、

 

 

下取りアップはいいけど、まだまだ相場より安いね。それだけ余力があるなら、オプション値引きしてよ。


 

こんなやり取りも可能となり、エスティマ値引き交渉を有利に進められるようになります。

 

下取りナシだと値引きが不利になるのでは? なんて疑問もありかもしれません。

 

もちろん、その可能性はあります。

 

なので、はじめは下取りアリということにしてエスティマの値引き交渉を進めてください。その後、交渉が固まってきたら

 

「エスティマの値引きを頑張ってくれたので、今の愛車は親戚に譲ることにします」

 

なんてことを言って、下取りを引き上げればいいのです。

 

契約前であれば、下取りアリをナシにするのも問題ありませんし、営業マンも何も言いません。

 

愛車の買取相場はこうやって調べる

今乗っている愛車の買取相場は、ネットの一括査定サービスを使えばすぐに把握できます。実店舗に足を運ばなくても査定が受けられますし、多くの中古車ショップからの一括査定なので買取価格も高騰しやすいのです。

 

中古車ショップは全国各地だけでなく海外の販売ルートもあるので、ディーラー下取りよりもはるかに高く買い取ることができます。特に海外は日本車が大人気なので、海外販売ルートがあるかどうかは決定的です。

 

 

一括査定は「参加者が必ず借り査定を出す」というルールになっています。ライバル業者がいくらの仮査定を出したかはわからないので、できるだけ高い査定額を出さなければいけなくなります。そのため、オークションのような形になり、買取額がどんどん上がっていくのです。

 

一括査定サービスはいろいろありますが、その中でもっとも人気が高いのは「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

 

↑の画像のように、その場ですぐに暫定の相場価格概算が表示されます。あとはこの金額をメモしておいて、エスティマ値引き交渉に活用すればOK。査定も1分程度で完了するので手間もありません。
公式サイトで「下取り」VS「一括査定」の査定額比較の実例も見られるので、一度チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
>>http://a-satei.com/

 

その他の一括査定サービス

 

もっと愛車の買取価格を高くしたい場合は、他の一括査定サービスを併用するといいでしょう。その分多くのお店から査定を受けることができるので、愛車の買取価格はさらに高くなりやすいです。

 

カーセンサー

人気自動車雑誌「カーセンサー」の一括査定サービスです。リクルート運営なので信頼感がありますし、最大査定業者数が30となるため高額査定も出やすいです。査定依頼先業者を選ぶことができるのもメリットです。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.carsensor.net/

ズバット車買取比較

地域密着系の中古車ショップや、マイナー車種に強いショップが得意な一括査定サイトなので、郊外に住んでいる人におすすめ。さらに、最大10社の査定も受けられるので高額査定も出やすいです。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.zba.jp/

 

ポイント2:エスティマ値引き事情を知っておこう

 

エスティマはおよそ四半世紀にわたる歴史あるミニバンで、ミニバン界を牽引してきた存在です。国産ミニバンの元祖とも言える存在で、歴史の長い車種なだけに根強い人気を誇り売上も安定しています。さらに、ビッグマイナーチェンジがあったため値引きは渋くなっています。とはいえ、交渉が上手く行けば、車体価格20万円程まで値引きを伸ばすことができるはずです。しかし、特に対策もせずに漫然と交渉していれば1、5万程度でストップしてしまうこともありますので、大きな値引きを勝ち取るためには、きちんと交渉をしていきましょう。

 

エスティマはトヨタの車ですから、何はなくともトヨタ車同士の競合を狙っていくのが基本です。

 

エスティマは、トヨタ店とカローラ店の併売ですので、この両者を競合させることにより値引きの拡大を狙っていくといいでしょう。またトヨタ店同士、カローラ店同士でも競合の対象になります。例えば「トヨタ東京カローラ」と「トヨタ西東京カローラ」のように1文字でも違えばそれは別資本ということになります。別資本のディーラーであれば、競合させることができますので、こちらも上手く使って大きな値引きを引き出しましょう。

 

そして、エスティマにはアルファード&ヴェルファイアという大きなライバルが存在します。ディーラー同士の競合に加えて、ライバル車の競合も絡めることで、更に値引きを拡大させることができるでしょう。

エスティマの値引き交渉では、まずトヨタ店カローラ店間の競合を基本にしていきましょう、そこにライバル車であるアルファード&ヴェルファイアも使っていくことで、より多くの割引を引き出していきましょう。

 

ポイント3:ついに実践!エスティマ値引き交渉

 

今乗っている車の相場価格を把握して、エスティマに合った値引きテクニックを覚えたら、ついに実践となります。ここで、2点注意があります。

 

交渉は3回ピッタリで決める

エスティマ値引き交渉をしつこく何度もやったところで、営業マンはどんどん疲弊してしまいます。なので、3回目できっちり〆ることを意識してください。そうすれば自然に営業マンにも心意気が伝わるので、限界値引きが引き出しやすくなります。

 

予算を決めておく

商談をする前に、予算は決めておいてください。定価から、値引き目標金額を引いたものを予算に設定すればOKです。あらかじめ予算を決めておかないと、営業マンも「どこまで値引きしたら決めるのか」と迷ってしまい、なかなか交渉が進まなくなります。

 

 

 

以上の2ポイントを踏まえて、エスティマ値引きの初回~3回目交渉を解説します。

 

エスティマ値引き初回交渉

エスティマの値引き交渉の初回は、挨拶程度でOKです。初めから全力で交渉すると、がっついている客というイメージがついて今後に響きます。なので、エスティマの見積もりを取る程度で十分なのです。

 

実際にトヨタのディーラーに行くのでもよいのですが、先に説明した通り、いくつものトヨタディーラーを巡回する必要があるので、何日も休日がつぶれることになります。

 

そのため、時間短縮をはかるならネットの見積もり取り寄せも検討しましょう。例えば、自動車ポータルサイトの「オートックワン」には、全国各地のディーラーから新車の見積もりを取り寄せるサービスがあります。エスティマの初回交渉の代わりになりますし、この時点である程度の値引きがつくことも多いです。

 

どちらにしても、初回でエスティマの見積もりを取るのは鉄則です。見積もりさえ取っておけば、ディーラーにも「やる気のある客」というイメージを持ってもらえるので有利です。直接ディーラーに行ってもいいですし、ネットで取り寄せるのでもいいので、必ずエスティマの見積もりは複数店舗から取得するようにしましょう。

 

全国のディーラーから新車見積もりを取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
→ http://autoc-one.jp/

 

ちなみに、見積もりを取っていないのに、取ったフリをして交渉すると、セールスマンには一発でバレてしまいます。言っていることに整合性がないので、見破られてしまうのです。その場合信頼は完全にゼロになるので、交渉は確実に失敗しますし、最悪の場合そのディーラーには行くことができなくなります。

 

本命ディーラーだけでなく、対抗ディーラーの見積書もしっかりと取るようにしてください。

 

エスティマ値引き2回目交渉

エスティマやその他のライバル車の見積書を取得したら、次は2回目交渉です。今度は初回とは違い、本気で交渉していってください。

 

見積書を持って来店するお客さんは、セールスマンからしても大切なお客さんとなります。なので、きちんと対応してくれます。

 

ここでは以下の交渉をしていきます。

 

  1. 本命・対抗ディーラーの見積書を全て用意して圧力をかける
  2. 対抗ディーラーの見積書はあえて見せない
  3. エスティマのオプション値引きもしっかり取っていく
  4. 時間をかけて交渉を進める
  5. 契約したくなるかもしれないが、我慢して帰宅する

 

複数の対抗ディーラーから見積書を取ると、ある程度値引きの大きい見積書が取れます。あとは、それを本命ディーラーに持っていって、「あのお店だとエスティマがこれだけ安くなるみたいなんだけど…」といった具合にプレッシャーをかけていってください。そして、獲得した値引き額を今度は対抗ディーラーに持っていきます。そうすれば、だんだん値引き幅を広げていくことができます。

 

注意としては、対抗ディーラーの見積書はなるべく見せないようにすることです。見せてしまうと、そこに書かれた値引き額が基準になり、あまり広がらなくなります。見せないが、手元にはあるという状態を作ることで、相手は勝手に想像を膨らませて大きなエスティマ値引きを提案してくるのです。もし見せてと言われたら、「他店に迷惑がかかると困るので」といって断りましょう。

 

ただ、なかなか値引きが伸びないときはあえて見せるのもアリです。そうすれば、金額は伸びないですが、「他店より少し下げる」ということは可能です。

 

ただこれはあくまで奥の手なので、すぐには使わないようにしましょう。また、他店に迷惑をかけない約束は取り付けましょう。

 

エスティマのオプション値引きについてはそれほど難しくありません。エスティマは車体値引きが渋いので、オプションのほうで融通しようというディーラーは多いです。なので、「オプション欲しいけど、予算が足りない」などと言っていけば10%引き程度ならあっさり認められます。

 

交渉が煮詰まってくると、セールスマンもアツくなって「この場で契約を!」と迫ってきます。こちらとしても悪い気はしないかもしれませんが、ここで契約すると限界エスティマ値引きはできませんので、こらえて帰宅してください。

 

エスティマ値引き3回目交渉

3回目は最終交渉となります。ここでは交渉日時が重要。できるだけ2回目交渉から日にちを開けないようにしましょう。理想としては、2回目が土曜、3回目が日曜というのがよいです。そうすることで、セールスマンの熱を冷まさないうちに交渉ができます。

 

3回目交渉までの間に、ディーラーの上級職がエスティマの限界値引きを決裁していることも多くあります。2回目交渉で帰るのはこれを狙っているわけです。

 

3回目ともなると、セールスマンも契約を取るのに全力ですので、こちらの条件がドンドン通っていきます。エスティマ値引き増額はもちろんですが、諸費用カット、ガソリン満タン納車などいろいろな条件を提示しておいてください。

 

ただし、欲張りすぎるのもダメ。あらかじめ決めたエスティマの予算を下回ったら、契約をしてあげましょう。そうしないと、セールスマンも「せっかく頑張ったのに」とガッカリして商談をひっくり返されるかもしれません。

 

エスティマ値引きのまとめ

愛車の買取相場を知る

愛車を売却する場合は、買取相場を事前に調べておく必要があります。そうでないと、ディーラー提示の下取り額が高いのか、安いのかわかりません。

 

もし安い場合は数十万円の大マイナスになることがあり、いくらエスティマを値引きしてもムダになってしまいます。

 

なので、ネットの一括査定を使って、愛車の買取相場をリサーチするのは必須です。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
>>http://a-satei.com/

 

エスティマの値引き方法を知る

エスティマはトヨタ車なので、異資本のトヨタディーラー同士の競合が基本。そこにアルファード/ヴェルファイアといったライバル車種の競合もからめていけばさらに値引きが増やせるでしょう。

 

基本的にはエスティマ同士で進めて、交渉が止まったらアルファードなどを絡めるという順番でよいでしょう。

 

交渉は3回ピッタリ!

エスティマの交渉はしつこくやっても意味がありません。3回ピッタリで決めることを意識しましょう。

 

もし3回で満足行く結果が出なかったときは、別のディーラーで再チャレンジすればいいのです。トヨタディーラーはそこらじゅうにあるので、あちこち試しているうちに反応がいいディーラーは必ず見つかります。
初回交渉はたくさんのディーラーに行く必要があるので、時間短縮するならネットで新車見積もりを取り寄せて、初回交渉の代わりにしましょう。

 

ネットで無料見積もりが取り寄せられる「オートックワン」はこちら
→ http://autoc-one.jp/

 

 

 

このようにエスティマ値引きを進めれば、今の愛車をできるだけ高く売り、なおかつ値引きを20万円以上獲得して、トータルで50万円以上のコスト削減を達成できるでしょう。

 

エスティマ値引きの基礎知識

エスティマの値引き目標を決める

 

まず最初に押さえておきたいのは、「エスティマの車両本体値引き」と「オプション・付属品値引き」は全く別の物だということです。エスティマの場合は「車両本体値引き」は30万円程度が限界で、オプション・付属品に関しては15%減額できれば合格ラインだといえるでしょう。

 

エスティマの値引きに関して調べていたら、「60万円コストカットできた!」といったような情報を見かけることがないでしょうか。ですが、その値引き額はあくまで、オプションを100万円以上つけたからこそ達成できる金額なのです。そのような情報に惑わされて「自分でもエスティマを60万円値引きしよう!」と張り切ってしまい、無茶な値引き交渉で時間を無駄にしてしまっては仕方ありません。

 

営業マンも人間、常識外れの値引き額を提示されてもモチベーションが下がるだけです。しかし、適正なエスティマ値下げ金額を持ったお客さんを相手にすれば「できるだけお客様の条件に近づけよう」と誠意をもった対応をしてくれることでしょう。