エスティマの特徴・魅力のレビュー!

エスティマは見た目が人気の秘密

エスティマはトヨタ車の中でもかなり高い人気を誇っています。最高級車種だけあり、さまざまな面で優れており、初代モデルは1990年に生まれ、4半世紀に渡りミニバン界を牽引してきました。

 

エスティマの特徴はなんと言ってもその近未来的なデザインです。

 

初代からのメーカーキャッチコピーの「天才タマゴ」の通り、一目見ただけでエスティマとわかる特徴的なたまご型デザインは目を引き、街中でも数多くのエスティマを見かけます。モデルチェンジ後も、近未来的なデザインは継承されつつ、多岐にわたるグレードアップにより、最高車種にふさわしいスペックを備えています。

 

エスティマのグレードと言いますと、標準仕様のものとエアロパーツなどを備えたアエラスと言ったものがあります。人気としてはアエラスの方が高くなりますが、普段使いの使い勝手の良さなどから考えると標準仕様にしておくと良いでしょう。特に街中で乗る機会が多い場合は最小回転半径が小さめの標準仕様がオススメです。

 

エスティマは最高級車に位置するだけあり、オプション品がかなりの数も揃えられていますが、価格はかなり高めだと言えます。カーナビやオーディオは特に高くなっており、後部座席にワイドモニターがつくなどのセットがあるとは言っても、トータルにすると車体とオプションでかなりの価格となってしまうことは覚悟しておくとよいでしょう。

 

パワーユニットは

 

ハイブリッド → 2400ccエンジン+モーター
ガソリンエンジン → 2400ccエンジン、3500ccエンジン

 

となっています。

 

3列めシートを収納して広々空間を確保

 

余裕のある室内空間、しっかりした内装・インテリアは口コミでの高評価を呼んでいます。旧モデルは同じトヨタのミニバンであるアルファード比較して、室内空間が狭いとの評判もありましたが、モデルチェンジにより改善され、今ではむしろゆったりとした居住性があります。7人乗り、8人乗りを問わず、広々とした空間が確保されていることに加えて、3列めシートを床下に収納することで、より一層広い車内空間を使用できるようになっています。

 

エスティマの値引き事情は?

 

モデルチェンジからかなり年月が経過していることもあり、かなり値引きは拡大傾向にあります。

 

値引きを拡大させるには、やはりトヨタ店とカローラ店の競合を基本的な値引き戦術にしていきましょう。そこに加え、アルファードやヴェルファイアのライバル車を絡めて行くことで大きな値引きを引き出しましょう。その他のライバル車としてオデッセイを加えるのもいいでしょう。

 

エスティマ諸元表

 

全長×全幅×全高 4800×1820×1760mm
ホイールベース 2950mm
車両重量  1930kg
総排気量 2362cc(ハイブリッド)
エンジン最高出力 150ps(110kW)/6000rpm(ハイブリッド)
エンジン最大トルク 19.4kg・m(190N・m)/4000rpm(ハイブリッド)
ミッション CVT など
JC08モード燃費 18.0㎞/L(ハイブリッド)
定員 7人~8人
税込価格 3,918,437円