エスティマのグレードを比較する

エスティマのグレードを選ぼう

エスティマに限ったことではありませんが、新車購入をする時はグレードを選ぶ必要があります。グレード選択はしっかりやっておかないと、迷っていることが営業マンにバレてしまい、自分の意志とは関係なくディーラーが売りたいエスティマのグレードを押されてしまうでしょう。言われるがままに買ってしまい、後で後悔することのないように、自分がどのエスティマのグレードを欲しいのかを、事前にしっかりと検討しておきましょう。

 

最初に、エスティマにどんなグレードがあるのかを押さえておきましょう。

 

エスティマのグレード名 エスティマの価格 エスティマの装備・特徴
ハイブリッド・アエラス 4,352,400円 ブレーキアシスト
ハイブリッド・アエラス プレミアム 4,391,673円 ブレーキアシスト
ハイブリッド・アエラス スマート 4,532,073円 ブレーキアシスト
ハイブリッド・アエラス プレミアムG 4,928,727円 ブレーキアシスト、パワーバックドア
アエラス 3,312,655円 ブレーキアシスト
アエラス プレミアム 3,401,018円 ブレーキアシスト
アエラス プレミアム スマート 3,514,909円 ブレーキアシスト
アエラス プレミアムG 3,700,473円


ブレーキアシストパワーバックドア

 

  1. 全車アエラスとなり、両側パワースライドドアが全車標準装備となった。
  2. 自動ブレーキアシストが全車標準搭載となった。

 

最初にガソリンにするかハイブリッドにするか選ぶ


エスティマのグレードは「ハイブリッド」と「ガソリンエンジン」にはっきり分かれていますので、最初にどちらのパワーユニットを選択するかを選んでしまいましょう。そこから細かく、自分好みのエスティマのグレードを選んでいく方が選択がしやすいでしょう。

 

パワーユニットを選択するのに考えなければならないことは多くありません。その殆どは「トータルコスト」に関する点です。

 

トータルコストについて考える

パワーユニットを選択する時にはどうしても、「ハイブリッドの方が低燃費だし、ハイブリッドがいい」という考えの方が多いと思います。それ自体は決して間違いではありませんが、その理由しか考えずに購入に至ってしまった場、思ってもいないアクシデントが待ち構えています。それはハイブリッドとガソリンエンジンではハイブリッドのほうが大幅に車体価格が高いということです。

 

パワーユニット 車体価格
エスティマハイブリッド 430万円~490万円
エスティマガソリンエンジン 330万円~370万円

 

上記の表を見ていただければわかるように、ハイブリッドはガソリンエンジンよりも100万円も価格が高いのです。

 

燃費差があるし、走っていればその内価格差も埋まるのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、実際にここまで価格差が開いてしまうと、20万キロ以上は走らなければ価格差を埋めることはできないでしょう。乗り潰すつもりで乗らないかぎり、トータルコストではガソリンエンジンの方が低くなることになります。

 

ここまでを踏まえて、ハイブリッドかガソリンかを選択するポイントは下記のようになります。

 

ハイブリッド
・燃費性能は高いほうがいい
・乗り潰すまで乗る予定、10年以上はエスティマに乗るつもり
・給油回数をなるべく少なくしたい

ガソリンエンジン
・なるべく初期費用を抑えてエスティマに乗りたい
・数年で他の車に乗り換えるつもり

 

エスティマの駆動方式や乗車人数について

 

エスティマのガソリンエンジンモデルは、乗車人数(7人/8人)と駆動方式(2WD/4WD)を選ぶことができます。

 

乗車人数は7人乗りの方がいいでしょう。4万円ほど価格は上がりますが、さまざまなシートアレンジができ、車内空間の快適性が上がりますので、十分価格増に見合います。常に8人で行動するのでなければ7人乗りをおすすめします。

 

エスティマの駆動方式については、4WDの方が2WDよりも20万円ほど車体価格がアップします。しかも燃費性能も落ちてしまいますので、2WDを選んで置くのが無難でしょう。日常的にオフロードを走るということであれば、4WDも選択肢に入ってきます。

 

ハイブリッドを選んだ場合

それでは、エスティマのハイブリッドを選択した場合のグレード選びを考えてみましょう。ハイブリッドには駆動方式の違いがないので、単純に「グレードの違いイコール装備の違い」となります。

 

とはいえ、両側パワースライドドアが全車標準装備なので、実質的なグレード格差はほとんどないと言っていいでしょう。その証拠に、ハイブリッドの全体のグレード価格差は60万円程度しかありません。

 

なので、グレード選びは基本的に「好み」で選べばOKです。高級感が欲しいなら高級グレード、安くしたいなら廉価グレードといった具合です。

 

念のため、グレード選択のポイントは以下に書いておきます。

 

  ポイント ポイント解説
ハイブリッド・アエラス

・最廉価グレード
・ムーンルーフ搭載可能(メーカーオプション)

・最も安いグレード
・ムーンルーフが必要な人

ハイブリッド・アエラス プレミアム

・フロントパフォーマンスダンパー
・ムーンルーフ搭載可能(メーカーオプション)

・フロントパフォーマンスダンパーが欲しいならプレミアム以上が必要
ハイブリッド・アエラス スマート ・リアオートエアコン ・リアオートエアコンの最安値グレード
ハイブリッド・アエラス プレミアムG

・リアオートエアコン
・フロントパフォーマンスダンパー
・ステアリング周りが本革巻き&木目調になる

・最高級グレード
・たいていの装備が搭載されていて、高級感もあり

まず目を引くのが、「ムーンルーフ(天井窓)」をメーカーオプション設定できるのが「アエラス」と「アエラス プレミアム」のみということです。もしムーンルーフの搭載を考えているなら、むしろ安いグレードを選ぶ必要があるのです。

 

そして、「スマート」「プレミアムG」といった高級グレードも、リアオートエアコンやステアリング周りの装飾など、好きな人以外にはこれといって必要ない機能が増えるだけです。

 

したがって、最廉価グレードの「アエラス」でも十分に快適に使用することができます。マイナーチェンジによって全車アエラスになりましたが、その分廉価グレードの価格は上がっており、現在の最廉価グレードは先代モデルの中級レベル程度の装備を揃えていることになります。そう考えれば、「アエラス」でもまったく問題ありません。

 

ガソリンエンジンを選んだ場合

 

次に、エスティマのガソリンエンジンモデルを選んだ場合についてですが、ハイブリッドと選び方はそれほど変わりません。

 

ムーンルーフを搭載したいなら「アエラス」もしくは「アエラス プレミアム」を選ぶ必要があるほか、高級グレードに搭載される装備も、必ずしも必要なものではありません。

 

したがって、「アエラス」でも十分です。それ以上のグレードについては、搭載される装備が自分に必要かどうかで判断すればOKでしょう。

 

エスティマの人気グレードは?

 

ランキング グレード 比率
ハイブリッドアエラス プレミアム 25%
ハイブリッドアエラス 20%
ハイブリッドアエラスプレミアムG 14%

1位はムーンルーフ設定可能でフロントパフォーマンスダンパーも搭載される「ハイブリッドアエラス プレミアム」となりました。2位は「ハイブリッドアエラス」なので、できるだけ安い価格のものを選ぶ、コストパフォーマンス重視の人が多いことがわかります。

 

またハイブリッドを選択している人が多く、車体価格の上昇よりも燃費改善を重視している人が多いようです。エスティマのガソリンエンジンは燃費性能が約11km/リットルとあまりよくないので、そこを懸念している人が多いのでしょう。

 

エスティマを格安で買うには?

 

エスティマは結構価格が高いので、どうせならなるべく安く買いたいところです。しかし、エスティマの値引きはせいぜい20万円程度ですし、スキルがないと数万円値引きでおさまってしまいます。

 

そこで、未使用車という選択肢もあります。

 

エスティマの未使用車は車体も保証も新車と同様ですし、おまけに格安で購入することができるのです。

 

  エスティマ アエラス プレミアム 新車 エスティマ アエラス プレミアム未使用車
外観    
ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン ホワイトパールクリスタルシャイン
走行距離 2~3km 10km
装備

・サンルーフ
・電動リアゲート

・サンルーフ
・電動リアゲート

乗りだし価格 ¥3,908,925 ¥3,500,000

差額は40万円

 

↑は「エスティマ アエラス プレミアム」の比較例ですが、新車と未使用車には40万円の価格差があります。車体価格も安いのですが、未使用車は新車登録済みなので取得税・重量税がゼロ円なのも大きいです。その分、さらに価格が安くなるのです。

 

ハイブリッドだと予算が足りない…
4WDがいいけど高くなるなぁ…

 

こんなときでも、未使用エスティマなら予算内で買えてしまう可能性が高いのです。

 

未使用車の探し方


未使用車自体は、各地の中古車ショップで売っています。しかし、グレード・ボディカラーがまちまちなので、自分に合ったグレード・カラーを探すのはかなり困難です。さらに、メーカーオプションも未使用車によって違ってくるので、ネットで探したほうがよいでしょう。

 

とはいえ、1点注意があって、ネットで探す場合、ほとんどの未使用車は「非公開」となってしまっています。なので、「Goo-net」などで検索したとしても、それほど見つからないことになります。実際には、ネット上で見つかる未使用車の何倍もの非公開車があると言われています。

 

そのため、ネットで自分に合った未使用車を探す場合は、「非公開」の車でも探せるサービスを使うのが基本です。

 

非公開対応サービス

 

非公開車両を探すのに便利なのが「なびくる+」です。非公開対応なのはもちろんですが、年間60万台もの大量の在庫があるので、希望のエスティマもかんたんに見つかります。

 

 

↑は一例ですが、「備考欄」に自分の希望を書いておけば、最適な未使用エスティマが提案してもらえる仕組みです。

 

非公開車両を探さずに未使用車を見つけようとするのは無謀ですし、やはりもったいないです。1回は、このようなサービスを使ったほうがよいです。

 

ちなみに、なびくる+には中古車の在庫もいっぱいあります。走行距離1000~2000キロ程度でキズなしといった条件なら、100万円近く安くなることもあります。なので、予算に限りがある場合は中古車も視野に入れてみましょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
⇒ https://a-navikuru.com/

 

未使用車の状態や保証

未使用車と新車の違いが気になる人もいるはず。まず、車体の状態についてですが、未使用車は数キロ走っていることが多いです。しかし、実は新車も完成したときの最終テストで数キロは走るので、車体の状態としては同じなのです。

 

さらに保証面ですが、新車は3年間のメーカー保証た付きます。しかし、未使用車もディーラー持ち込みで3年間のメーカー保証が付けられるので、保証面でも違いはないのです。

 

デメリットはない?

もちろん、未使用車にもデメリットはあります。

 

1, グレードやボディーカラー変更は不可

 

未使用車は完成した状態なので、あとからグレード変更・ボディカラー変更はできません。

 

2, メーカーオプション選択不可

 

同じく未使用品は完成品なので、後でメーカーオプションの追加はできません。とくにサンルーフなどは人気があるので、あらかじめ付属しているものを選ぶべきでしょう。
(ディーラーオプションは後から自由に追加可能)

 

ただ、なびくる+の場合はグレードやボディカラー、メーカーオプションの指定ができるので、これらのデメリットはなくすことができます。条件に合わないものは選ばれないので、心配はいりません。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
⇒ https://a-navikuru.com/