エスティマのライバル車種を比較する

エスティマのライバルを知れば値引きもうまくいく

エスティマはミニバンですから、ライバル車種も多いです。ミニバンは人気がありますので、同じトヨタだけではなく各社からも多くのミニバン車種がリリースされています。

 

下にエスティマのライバルをいくつかあげていきます。

 

アルファード(トヨタ) 概要
 

価格帯も近いためライバルの一番手になっています。同じトヨタ車ですが、取り扱う販売店も違うため、効果的な競合ができるでしょう。フロントマスクデザインが独特で人気を集めています。単純な値引き合戦に持ち込みやすいため、商談もしやすいでしょう。

 

人気グレード:S Cパッケージ(417万円)

ヴェルファイア(トヨタ) 概要
 

アルファードの姉妹車で、人気はこちらのほうが上になっています。アルファードとはまた違った独特のフロントマスクが人気です。スペックや車体価格などはアルファードとほとんど変わらないため、アルファードと同じような値引き交渉が使えるでしょう。

 

人気グレード:Z Gエディション(417万円)

オデッセイ(ホンダ) 概要
 

ハイブリッドグレード相手ですとやや価格帯が下になってしまうので、ガソリンエンジングレードと競合させましょう。人気は劣りますが燃費性能は高いです。

 

人気グレード:アブソルートアドバンス特別仕様車 (347万円)

 

ヴォクシー/ノアは?

 

同じミニバン車種であるヴォクシー/ノアも人気が高いですが、エスティマのライバルになるかといえば微妙なところです。

 

エスティマは大型ミニバンですので、これらの車種とはサイズや価格帯が違います。相見積もりさせるには向いていません。値引き目的がバレバレで、話が変にこじれる危険もありますので、商談ではこれらの名前を出さないほうが、むしろスムーズに交渉をする事ができるでしょう。

 

エスティマとライバル車種の比較

 

エスティマのライバルを知っておきたいということは

 

・エスティマを買おうかどうしようか検討中
・エスティマを値引きさせるための交渉材料にしようとしている

 

この2つのいずれかだと思います。ですから、ライバル車種について調査し、エスティマを値引きする為の材料にしつつも、ライバル車種の方が魅力的に感じるようであれば、そちらの車種の購入に切り替え、逆にエスティマをライバル車と設定して交渉しましょう。

 

エスティマの値引き交渉の基本は、同じトヨタ車であるアルファード・ヴェルファイアとの競合です。そこに状況が停滞してきた時の為にオデッセイを切り札として持っておきましょう。

 

ですが、商談の場にライバル車の知識を持たないまま臨んでも、営業マンにバレてしまうでしょう。事前にライバル車種について学んでおき、自然なうけこたえができるようにしておかなければなりません。

 

下記で、エスティマの値引き交渉材料という点で、ライバル車種のポイントを説明していきます。

 

アルファード/ヴェルファイア

・見た目が独特でカッコイイ
・販売元の資本が違うのでトヨタ車同士での競合が可能

オデッセイ

・燃費が良い
・値引き幅が大きい
・人気がない

 

↑はそれぞれの車種のポイントです。値引き交渉において有利な要素が赤文字、逆に言わないほうがよいマイナスの要素が青文字となっています。

 

アルファード/ヴェルファイアの場合

アルファードはトヨペット、ヴェルファイアはネッツのみでしか取り扱っていませんのでエスティマとは販売店が異なっています。競合させることで別資本ディーラーの客の奪い合いということになり、値引き交渉は有利な展開になるでしょう。値引き交渉をする際には「エスティマはトヨタ車」であることを意識しなくても良いかもしれません。

 

ライバル車としてのアピールポイントは独特のルックスです。「アルファードの方がカッコイイ」「ヴェルファイアの方が見た目が好み」ということになれば、ディーラー側としても価格で勝負していく他にありません。

 

オデッセイの場合

 

人気面ではエスティマに劣る反面、値引きを大きく引き出しやすい傾向にあります。燃費もいいですので、「オデッセイは燃費もいいし、かなり値引いてくれそう」といった「予算」に関するポイントを競合の材料として使っていきましょう。